専門業者に平板載荷試験を頼もう【検査の特徴を徹底解説】

コンテンツ一覧

効率良く調べよう

模型

地盤をしっかり確認しよう

大震災発生後、建築物の耐震構造について関心が高まっています。より安心した建物に住みたいと考えるのは当然で、強固な建物にするためにはその地盤がどのような状態にあるのかしっかりと調べる必要があります。震災の影響で地中から水が溢れたり、沈下した後では建物を守ることはできません。あらかじめ地盤を調査するためには地中の構造をレーザーなどを利用して固さを確認していきます。そのための下準備に時間が掛かると、建物の工期にも影響を与えます。そこでもっと早く地盤を調べる方法のひとつに平板載荷試験があります。小さな平たい鋼板の上に重石を載せて地盤の沈み方を調べる方法です。あらかじめ建物の重さを算出してから、それに代わる重りを載せます。建物の重量が大きすぎる場合には平板載荷試験での調査は難しく、比較的小規模の建築物を建てる時に利用する方法と言えます。重りには現場にあるトラックや重機などを利用します。鋼板の上に支柱を立てて、その上に重機を載せると地盤の沈みが確認できます。負荷を掛けてから5分刻みで地盤の沈み方を確認し、30分程度まで記録をしていきます。平板載荷試験では鋼板を水平に設置することでより正確に地盤の固さを確認できます。鋼板が斜めになっていると下りの方向へ力が集中して正確な値が算出されません。基礎となる部分は水平を保ち、雨などの影響で表面が濡れたりしないように養生をしましょう。平板載荷試験によって短期間で地盤を調べ、安心できる建物を建ててもらいましょう。

Copyright© 2018 専門業者に平板載荷試験を頼もう【検査の特徴を徹底解説】 All Rights Reserved.