専門業者に平板載荷試験を頼もう【検査の特徴を徹底解説】

コンテンツ一覧

必要に応じて適宜に行う

工事現場

短時間での調査が可能です

新たな造成地や軟弱であると懸念される土地に何らかの住居なり店舗なりを建築する際には、長期的な視点に立って沈下を防ぐ必要があります。その地盤の調査を行うときには複数の方法がありますが、平板載荷試験もその中の一つで国土交通省の告示にもある基本的なものです。その目的は地盤の支持力を求めるためで、直径30センチの円盤状の板に垂直方向から荷重をかけるという手法で行われます。この平板載荷試験は比較的短時間で行えるので簡易建物を建てる際には便利ですが、他の地盤調査と併用しなければならない場合もあるので注意が必要です。なぜなら測定する深さや範囲という精度の点で、ボーリング調査やスウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる各種調査を一緒に行ったほうが良いケースもあるからです。ではどのような時に平板載荷試験を行い、また他の地盤調査と併用すべきかという問いについては素人が判断するのはほぼ不可能だと言えます。ですからこれから何らかの建物を建てる際には、歴史が古く強固な土地であることが判明している場合以外は専門の業者に任せる必要があります。もし地盤の強さに関して何か不安に思うようならば、建築業者などにその旨をハッキリと伝えると良いでしょう。誠実な業者であればこちらの懸念に対して平板載荷試験の必要性の有無や、その内容について充分に説明をしてくれるはずです。不動産に関しては特に長い目で色々な事柄を考えるのが大事ですから、様々な情報を参考にして最適な選択をできるようにして下さい。

Copyright© 2018 専門業者に平板載荷試験を頼もう【検査の特徴を徹底解説】 All Rights Reserved.