専門業者に平板載荷試験を頼もう【検査の特徴を徹底解説】

コンテンツ一覧

地盤測定の方法

作業員

安心の地盤を得るために

土地を購入してその上に建物を建てる場合に必要となるのが地盤調査です。地盤が弱い場合にはしっかりと強化したうえで建物を建てないと、ちょっとした地震でも大きな被害が出ることとなりかねませんので事前の調査は極めて重要と言えるでしょう。この地盤調査ですが、様々な手法が存在しており、代表的なものとしてよく用いられるのは平板載荷試験と言われるものです。平板載荷試験とは、最初に基礎を設けるまでの深さまで採掘を行ったうえで、その位置に基礎の代わりに平らな銅板を設置してその上に建物と同様の荷重をかけてどの程度まで耐えられるのかを確認することで地盤の強度を確認するという検査です。メリットとしては、短時間で地盤を確認することができるという点、逆にデメリットとしては、広い作業スペースが必要となるため狭い土地には適さないという点です。平板載荷試験を行う場合には採掘場所をどのようにして選定するかが重要で、適当な位置だけを採掘していたのでは地盤全体の強度がはっきりとわからないケースもあります。建てようとする建物の配置や荷重がかかりやすいと思われるポイントをしっかりと確認したうえで重点的に平板載荷試験によってその場所をチェックするという方法が有効でしょう。試験が終われば、その土地の強度が分かることになりますので、十分であれば問題はありませんが、不十分ということであれば改めて対応を検討することが必要です。その場合でもどこが弱いかを確認しておけばそこだけを改良するといった方法も可能です。

Copyright© 2018 専門業者に平板載荷試験を頼もう【検査の特徴を徹底解説】 All Rights Reserved.