専門業者に平板載荷試験を頼もう【検査の特徴を徹底解説】

コンテンツ一覧

信頼ある地盤調査の方法

工事現場

地盤を直接知るということ

地震大国である日本で住宅などの建物を建築する際に、その土地の地盤がどうなっているかを確認するということが近年では主流になってきました。かつては建物が地震に強ければ安全だという考え方でしたが、このところの大きな地震で建物が倒壊したり傾いたりする原因が地盤にあることが知られてきたからです。各住宅メーカーをはじめとする建築会社だけではなく、地盤調査を専門に行う業者も現れるなど盛り上がりを見せているのです。地盤調査の方法には様々な種類がありますが、その中でも代表的異なものに「平板載荷試験」というものがあります。今回は平板載荷試験はどのように行われるのか、そしてメリットはどんなものかなどをご紹介します。平板載荷試験は、直径が300mm以上の「載荷板」と呼ばれる円盤を用いて地盤に直接荷重をかける方法です。実際に建築する建物の重量に見合うだけの荷重をかけて沈下量を測定することで、地盤に建物を支える力があるかどうかを判断します。平板載荷試験の大きなメリットは、地盤に直接働きかけることができることができるため、他の一般的な地盤調査試験(スウェーデンサウンディング(SS)試験やボーリング試験など)よりも信頼性が高いという点があります。また、比較的短期間で調査が完了するためにその後のスケジュールにも大きな影響を及ぼさないし、仮に地盤に問題があった場合でも迅速に対処できるということも特徴の1つです。地盤調査の結果を得て、土地改良を行うということがもはや当たり前になってきている時代となりました。その前提となる地盤調査の結果は非常に重要です。直接地盤に荷重をかける平板載荷試験の需要がますます高まっているのです。

Copyright© 2018 専門業者に平板載荷試験を頼もう【検査の特徴を徹底解説】 All Rights Reserved.