専門業者に平板載荷試験を頼もう【検査の特徴を徹底解説】

土地開発において重要に

作業員

地盤の強さを調べて土地改良を行ったりするのに必要なのが平板載荷試験です。平板載荷試験を行うにあたって地盤調査業者に依頼する場合には、詳細な見積もりを出してくれる業者を選ぶことが大切です。費用だけではなく調査の手順や作業人数など詳細な情報がある業者はそれだけ信頼出来る業者と言えます。

詳しく見る

コンテンツ一覧

地盤調査の一つです

工事現場

比較的安価な調査法です

新築の一軒家を建てる際に行われる試験として平板載荷試験というものがあります。これから一軒家を建てようと考えている人は平板載荷試験がどのようなものかわからないという方が多いでしょう。一軒家を建てる際に地盤が頑丈かどうかを確かめる重要な試験となります。今回は平板載荷試験に関する情報についてご紹介します。平板載荷試験はその名の通り、地盤に基礎に見立てた銅板を用いて建物と同じ重さをかけてその沈下量を測り地盤の強さを測定するものです。建物の代わりにはトラックや重機などが用いられることがほとんどです。ボーリングなどと違い比較的短期間で地盤の強さを図ることができるため、住宅や擁壁などを建造する際に用いられる試験となります。また国土交通省より認定を受けた試験であるため、信頼性においても高い試験となっています。一軒家を建てる際に必ずしも平板載荷試験が必要というわけではありません。しかし、最近では無料で見積もりを行ってくれる業者も増えており地盤の強さを事前に知っておくことが大切です。中には不動産会社を通して専門の業者を仲介してもらえる場合もあります。一度不動産会社に相談してみてください。住宅の場合は約10万円前後から平板載荷試験を行うことができ、他の地盤調査と比べても安価です。また業者に頼む際には地元の土地に精通した業者に頼むとより高度な試験を行ってくれますのでおすすめです。安心して暮らせる家を作るためにも平板載荷試験を受けることをおすすめします。

必要に応じて適宜に行う

工事現場

平板載荷試験とは定められた方法により地盤の支持力を求める基本的な調査方法の一つで、比較的短時間で行えるのが特徴です。ただし実際にどのような状況でこの試験を行うかはそれぞれの、土地や建築の状況によるので適宜に専門会社へ相談することが大事です。

詳しく見る

効率良く調べよう

模型

安心できる建造物は地盤調査をしっかりと行っているかで大きな差が生まれます。平板載荷試験では小規模の建物の地盤を調べる際に用いられる方法です。鋼板を基礎の上に水平に設置し、その上に重機など、現場にあるものを利用して負荷を掛けます。短期間で地盤の沈み方を調べられます。

詳しく見る

地盤測定の方法

作業員

土地に建物を建てる場合に、地盤の強さを確認することは必要不可欠です。そのための方法として一般的に用いられているのが平板載荷試験というやり方で、荷重がかかるスポットなどの強度を確認することで土地の強さをチェックすることが可能です。

詳しく見る

信頼ある地盤調査の方法

工事現場

近年、住宅などを建築するにあたって地盤調査を行うということが主流になってきました。地盤調査には様々な種類がありますが、「平板載荷試験」は地盤に直接負荷を与えられるということから信頼性が他の方法よりも高いということが特徴です。

詳しく見る

Copyright© 2018 専門業者に平板載荷試験を頼もう【検査の特徴を徹底解説】 All Rights Reserved.